トップ > 運転免許 視力検査

合宿免許プラス

運転免許 視力検査

運転免許を取得するにあたって視力検査もパスしなくてはいけません。運転免許の視力検査の基準は?

運転免許 視力検査

▼目の検査が気になるなら▼

運転免許を取得するために視力検査のパスは必須条件。
運転免許を取得するには、学科試験、技能試験に加え、視力検査も含めた適性検査にもパスしなければなりません。
さて、どれだけの視力が必要?
これが車種によって微妙に異なるのでちょっとややこしいのです。
例えば、普通乗用車・二輪免許の場合は、裸眼もしくは矯正視力で、両眼で0.7以上、一眼でそれぞれ0.3以上であることが求められています。
片目が見えないという人は、もう一方の目の視界が150°以上あり、かつ視力が0.7以上であることとなっています。
裸眼での視力が基準に達していなければ、メガネやコンタクトレンズで矯正する必要があります。
ただ、メガネもコンタクトも購入するとなると結構な出費になります。
買い替えることを考えれば生涯出費はそうとうなものに...。
眼も筋肉などと同様に鍛えることができないものでしょうか?
そこに着目した眼科医の研究から生まれた視力回復法があります。
実践者からは「夫婦で始めたところ、夫は4日間、私もたった一週間で、もとの視力に戻りました。まさに驚異の視力回復です」というような声も寄せられています。

詳細を見てみる→
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法



視力検査が必要なのは運転免許の取得時だけではない

視力が問題となるのは、運転免許の取得時だけではありません。
免許を更新する際にも視力検査が課せられます。
視力のために車が運転できなくなっては、洒落にもなりません。

たとえ、免許の取得時には基準をクリアしていたとしても、その後、視力が低下する場合もあります。
運転免許の更新時期が近付いたら、視力検査に無事パスするよう、自分の視力に異常がないか、チェックしておくと良いでしょう。
そして、その時点で必要と判断されれば、迷わずメガネやコンタクトで視力を矯正すべきです。
また、メガネやコンタクトではなく、トレーニングによって短期間で視力回復に成功している人もいるようです。
メガネもオーダーしてから普通、1週間くらい待たされます。
同じ期間、トレーニングを試したらどうなるのでしょう?
視力回復法の詳細を見る▼

視力矯正はメガネやコンタクトだけではない

視力矯正と言えば、最近、簡単な手術で視力が回復できるというLASIKが評判になっています。
高額の費用がかかるという評判ですが、長い目で見れば、コンタクトなどよりも得だといいます。
運転免許のためだけでなく、根本的に視力を何とかしようと思い立ったのなら、適当なクリニックでもカウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。
安心してカウンセリングが受けられるクリニックはこちらからどうぞ→安心できる近視クリニック


▼目の検査が気になるなら▼


疲れ目、かすみ目などの瞳のトラブルに「ルテインベリーアイ」


合宿免許プラス
FX入門塾