トップ > 運転免許 一発試験

合宿免許プラス

運転免許 一発試験

運転免許証の取得方法のなかで、いわゆる「一発試験」という方法があります。なかなか「一発」では通らない一発試験について…

運転免許の取得には「一発試験」という方法も...

一般に、運転免許の取得に至るまでには、教習所に通い、仮免を経て、試験に合格するというのが、王道のように思われています。
他に方法はないと考えている人さえいることでしょう。
しかし、あまりポピュラーではありませんが、教習所に通わずに、一発試験だけで運転免許を取得するという方法もあります。
また、もともと免許を所有していた人でも、更新のし忘れなどで失効した場合など、「自動車学校にあらためて通うのももったいない」ということで、一発試験だけで免許を再取得を試みるケースも少なくないでしょう。

「一発試験」とイイながら以外と複雑

一発試験で免許を取得しようと思い立ったら、まずは各都道府県の運転免許試験場(免許センター)で「仮免許学科試験」を受検します。
その試験に合格したら、「仮免許技能試験」へと進みます。
技能試験にも合格したら、さらに運転免許取得3年以上の人に同乗してもらって、1日2時間の路上運転を5日間こなし、「路上練習申告書」に所定事項を記入し、提出します。
一発試験の体験者なら、「ようやっとここまで来た」と感慨にふけるところでしょうが、ここまで進んで初めて本免許試験へと進めるのです。

本免許試験には、「本免許学科試験」と「本免許技能試験」があり、そのどちらにも合格する必要があります。
全ての試験に合格したら、晴れて「取得時講習」を受講し、免許証を手にできるのです。


一発試験ははたして安上がりか?

運転免許の受領までにかかる費用は、一発試験で合格した場合、試験手数料、講習料などで2.5万円程で済んでしまいます。
そうは言っても、いろいろな体験談によると、本当に一発試験で合格するというのはまず無理のようで、平均して6回から8回受検して合格できればラッキー。
「安上がり」というわけにはいかないようです。


合宿免許プラス
FX入門塾