トップ > 運転免許 費用

合宿免許プラス

運転免許 費用

運転免許を取得するにあたって費用はどのくらいかかるのか?自動車教習所の学費や費用はどのくらいか?それは…

運転免許の費用

車の運転には、当然のことながら、運転免許が必要になります。
そして免許取得に至るまでには、教習所などへの費用など、何かと出費がかさんできます。
その費用についてですが、教習所でかかる費用は、時期によっても違ってきますが、最低で20万円代から40万円というのが相場であるようです。
試験に不合格となり、何度も試験を受け直すとなると、それだけ費用がかさんできます。
さらに教習期限というタイムリミットもあるので、それを超えると
「数十万円もかけて免許も取れない!」
という悲惨な結末になります。

その点、費用的にも期間的にも最も安心できるのが合宿免許です。
ということで、各校、免許合宿にも力を入れています。
2週間前後からの期間で運転免許が取得できるコースが設けられています。
費用は20万円前後からと、安上がりの方法として、なかなか人気があるようです。
関東甲信越をリサーチしたとき、最も格安費用の合宿免許教習所は、20万円を大きく下回り、178,900円というものでした。
AT車限定になりますが、なかなか見逃せない格安費用です。
この教習所の詳細を見てみる▶▶クリック♪新潟中央自動車学校はこちら

合宿免許の場合、「予約で待たされることがない」→「短期集中でできる」→「結果的に安い費用ですむ」ということになるのです。

合宿免許の費用一覧表はこちら▶▶クリック♪ここをクリック♪

運転免許取得費用、一発試験は安上がり?

これは、あくまでも「理論上は」ということですが...
究極の安上がりの方法は、教習所にも通わず、いきなり試験を受けるという方法かもしれません。
これだと、試験手数料、講習料などで、2.5万円程で済みます。
ただし、ハードルは非常に高く、これだけで運転免許が取れることはほとんどないといってよいでしょう。
多くの場合は、個人でやっている個人教習などとの組み合わせによるものです。
ですので、結果的には公認の自動車学校へ通うのと同等の費用が必要になります。

運転免許の費用、国際的にはどうなの?

国際的にみると、日本の運転免許を取得するまでの費用は、割高であるといわれています。
例えば、日本並みに厳しいといわれるドイツでさえも、全体としては、日本の半分以下で済み、しかも免許は一生涯有効であるといいます。

それならば、いっそのこと、費用の安い海外で運転免許を取得し、日本で書き換えようという人も出てきます。
しかし、現実には渡航費、現地での生活費などを考えると、決してお手軽とは言えません。
大体、運転免許のために、長期間、日本を空けられる人など、そういるものではありません。
そもそも、そういうヒマがあるのならば、日本の合宿免許へ行けばよいのです。
合宿免許をやっているのは公認自動車教習所ですし、期間も2週間ほど、費用も20万前後でほぼ固定です。
ということで、やはり、「短期間で集中して練習できる」合宿免許は注目のシステムだと言えます。

合宿免許費用一覧表はこちら▶▶クリック♪ここをクリック♪

合宿免許プラス
FX入門塾