トップ > 運転免許 視力検査 > 視力検査が必要なのは運転免許の取得時だけではない

視力検査が必要なのは運転免許の取得時だけではない

合宿免許プラス

視力が問題となるのは、運転免許の取得時だけではありません。
免許を更新する際にも視力検査が課せられます。
視力のために車が運転できなくなっては、洒落にもなりません。

たとえ、免許の取得時には基準をクリアしていたとしても、その後、視力が低下する場合もあります。
運転免許の更新時期が近付いたら、視力検査に無事パスするよう、自分の視力に異常がないか、チェックしておくと良いでしょう。
そして、その時点で必要と判断されれば、迷わずメガネやコンタクトで視力を矯正すべきです。
また、メガネやコンタクトではなく、トレーニングによって短期間で視力回復に成功している人もいるようです。
メガネもオーダーしてから普通、1週間くらい待たされます。
同じ期間、トレーニングを試したらどうなるのでしょう?
視力回復法の詳細を見る▼

……この記事の全文をみる
合宿免許プラス
運転免許 視力検査
運転免許を取得するにあたって視力検査もパスしなくてはいけません。運転免許の視力検査の基準は?

前の記事 | 次の記事

関連記事
FX入門塾